全道場

全道場共通記事

組手稽古再開のお知らせ

2020.9.3木曜日

組手稽古再開のお知らせ

極真会館では組手稽古再開の為のガイドライン(下記参照)を作成致しました。

当道場でもこれに則り組手稽古を97日月曜日から再開します。

再開につきまして現状では不安を感じる道場生、保護者様もおられると思います。

その場合、一般道場生は稽古時に直接、少年部、保護者様は道場事務局のメール、もしくは直接、杉村、指導員に組手稽古不参加をお申し付け下さい。

組手稽古の輪の中に入りながら、コンタクトしない組手稽古、もしくは型稽古の指導をして参ります。

安心して稽古に参加して下さい。

尚、組手稽古参加への問題の無い少年部、保護者様は、ご返答いただかなくて構いません。

ガイドラインに則り組手を再開させていただきます。

以上宜しくお願い致します。

 

国際空手道連盟極真会館 新型コロナウイルス対策 組手稽古再開ガイドライン

1.組手稽古参加要件

①学校、職場、家族などの生活環境下で、COVIT-19 感染者と、いわゆる濃厚接触の可能性がない事。

②直近 2 週間以内で、発熱、感冒様症状(せき、頭痛、倦怠感、味覚・嗅覚異常等)などがない事。

③当日の体調不良がない事。

2、組手稽古

①洗剤洗濯された道着や着衣の使用、消毒処置されたグローブ、サポーター、防具の着用 消毒薬に関しては、現在市販品などでも液体を噴霧して除菌や消毒できるものが販 売されているので、各製品の注意書きに留意し適切に使用の事。

②第二段階以降の軽めのスパーリングにおいてはマスク着用は任意(中学生~壮年)

③マスクを外す通常組手では同じ相手と対面で 5 分以上対戦をしない。

④頻繁な換気に努める。

同じ相手と組手をする場合、1 セット 5 分以上は対戦せず、何度か対戦する場合は、十分な換気に留意し、インターバル時は1m以上相手との距離を置き、組手のトータル時間は 15 分以下に留める事が望ましい。

3<少年部男女>

第一段階

①飛沫感染防止措置。

*マスク着用(必要に応じ)

*声を出さない。

*飛沫防止策を講じたヘッドギア(現段階ではそれぞれが市販品等などを用いヘッドギアに着装等。)

②軽めのスパーリング。

③開始から 2 週間で次段階へ移行。

第二段階

①飛沫防止策を講じたヘッドギア。

②通常組手(同じ相手と 5 分以上は行わない)

③開始から 2 週間で全体評価。

4<中学生~壮年 39 歳迄。共に男女>

第一段階

①飛沫感染防止措置。

*マスク着用 飛沫防止策の工夫

②軽めのスパーリング。

③開始から 2 週間で次段階へ移行。

第二段階

①軽めのスパーリング。

②部分的に通常組手を組み入れる(同じ相手と 5 分以上は行わない)

③開始から 2 週間で次段階へ移行。

※①と②では排出される呼気量に差が出る可能性がある為。

第三段階

①通常組手(同じ相手と 5 分以上は行わない)

②開始から 2 週間で全体評価。

以上。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。