杉村師範

杉村師範のブログ

四谷道場 幼年部 少年部稽古

2019.6.12水曜日

幼年部の稽古は一時間です。

初めの30分間は必ず基礎の稽古をします。

定置での基本動作から始まり型まで。

当然立ち方も正しく指導します。

写真の立ち方は自然立ちと言い、道場で立っている時の一番楽な姿勢です。片足立ちになったり背中を丸めたりしては当然いけません。立っているだけでも先輩と後輩ではたたずまいに違いが出ます。

重ねた稽古の現れです。

上の写真の初心者の子も1年も稽古をすると同じ姿で立てる様になります。

稽古の効果は凄いものです。

 

この立ち方は私が少年部の頃は不動立ちとの名称でした。

不動立ち!懐かしい響きです。

自然立ちは今の組手の構えのことを指していました。

時代と共に見直しをして名称も変わって行きます。

 

ここからは組手稽古です。   立ち方と同様に技も稽古をすればどんどん身に付いて行きます。

特に後輩の二人は元気いっぱい。

強くなりそうです。

頑張って先輩に追いつけ!

押忍。

✏️師範杉村。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。