杉村師範

杉村師範のブログ

四谷道場 稽古 コロナ禍初稽古の先輩も

2020.10.21水曜日

四谷道場 少年部稽古17時30分〜19時

16時〜17時の幼年部稽古が終わり少年部稽古開始です。

 

型稽古の様子から。

帯別で審査の課題型を先輩のリードで行いました。

オレンジ帯。

前後を先輩が挟みゆっくり正確に動作をします。号令に追われる事なくゆっくりと、正しく形を覚え次は早い動作でも正確に打ち込める様に。どんどん上達しています。

年末の審査が楽しみです。

 

青帯。 数ヶ月前まで白帯で空手を知らなかった子も帯の色を重ねて上手くなりました。足腰も安定しています。 難しい技も。努力の賜物です。後ろでは入門したてのちびっ子を黒帯の先輩が基本動作から指導しています。

 

子供達には稽古を真剣に継続する事で、大きな力が身につく事を実感して貰いたいです。

 

型稽古が終わり組手稽古です。 先輩も後輩も入門したてのちびっ子も、皆頑張りました!

 

年末の審査は組手も再開します。

もちろん稽古時同様、感染予防をしっかりしながら。

皆んな審査に向けて全ての稽古を頑張って!

 

四谷道場 一般部稽古19時30分〜20時30分

一般部は組手の稽古の模様を。

約束組手。

前蹴りの攻防から。

自由組手。 中学生の二人も一般部の先輩に負けず、力強い攻防ができる様になってきました。

強い先輩を目標に頑張って!

 

今日はコロナ禍から初稽古のお弟子さんもいました。

久しぶりに顔が見れてとても嬉しいです。

 

まだまだ道場に来れない人もいると思います。

それぞれの状況、環境に合わせて無理をせずに稽古を継続させて下さい。

道場だけが稽古場ではありません。

畳半畳あれば稽古できます。

今は来れずとも必ずまた道場でお会いしましょう。

押忍

✏️師範杉村。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。