杉村師範

杉村師範のブログ

熊谷道場 少年部

2019.10.17木曜日

稽古時間前に少年部が1人2人と稽古にやって来ます。

着替えて直ぐに型稽古を始めました。

火曜日に続きはな丸です。

後輩も自主稽古に参加し始めました。私は何も言わず見ているだけ。

型の順番を考えたり先輩を見て真似したりと、自分自身で試行錯誤しながら稽古をしています。

人からの指導を受けると同じく大切な時間です。

 

塾を終えてくる子や、お家の都合で早く来れない子、道場に来れる時間は様々。

遅れてでも稽古に来る気持ちがあるのは嬉しい事です。

続々と先輩達が集まり稽古にも気合が入ります。

 

稽古は立ち方の確認から。

前屈立ち。

騎馬立ち。 

基本稽古の最後は回し蹴りから後ろ回し蹴りの反復。

 

基本稽古が終わると補強の始まり。

定番の拳立て、腹筋、背筋、スクワット、ジャンピングスクワット。

補強が終わる頃には塾を終え先輩が全員集合しました。

約束組手では先輩が胸を貸します。

後輩は思い切って攻撃です。

先輩は受けるだけ。 一生懸命攻撃しますがなかなか技が当たりません。

先輩に近づく為にもっともっと稽古です。

がんばれ新人達!

後輩に胸を貸した後は、先輩同士で組手です。 さすがの迫力!

まだまだ続きます。

今日は先輩に続き後輩同士も組手をしました。 先輩を見習って鋭い技もでます。

 

組手の後は型試合に出場する選手が1人づつ予選型、決勝型を披露しました。

最後は全員で太極1の稽古。 最後の最後まで気を抜かずに打ち込みました。

正拳突きの締めも全力で!

礼に始まり礼に終わります。

最後はリラックスして。 元気に気合!

この後塾で遅くなった先輩がミットを蹴って本当の終わりとなりました。

皆んなお疲れさま。

押忍。

✏️師範杉村。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。