杉村師範

杉村師範のブログ

飯田橋道場 少年部

2019.7.29月曜日

今日の稽古は礼儀と礼儀作法についてのお話から始めました。

礼は作法を正しくし、相手に自分の心が伝わるようにと指導をします。

技と同じです。

正しい形で反復をして相手に通じる技をに見つける。

どちらも稽古を重ね次元の高いものにしなければなりません。

実際に動くことが第一ですが、時には話しをして礼儀、礼儀作法の意味を教えることも大切です。

15分程お話をして稽古に入ります。

基本動作と型の反復は正しい形と心を持って。

 

組手は正しく身に付けた技を元に、臨機応変に動き考え、創意工夫を重ねながら作り上げていきます。最近は先輩を見本に組手が皆上手くなってきています。

今まで技を返すのも難しかったのが、少しずつ返すようになり組手になってきています。 組手の動きは工夫することで無限に広がります。

少年部には自由な発想で伸び伸び組手を!

 

補強も組手を良くするための大切な稽古です。 

白帯の子も汗だくでついてきます。 

最後まで気を抜かず締めの突き。

子供の成長は早いですが、一足飛びの稽古はさせられません。

見落としなく正しく道を歩んで貰いたいです。

押忍。

✏️師範杉村。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。