杉村師範

杉村師範のブログ

飯田橋道場 一般部稽古

2020.7.13月曜日

雨降りで蒸し暑い今日。

少年部稽古が終わると一般部が始まります。

型から稽古をし、その後突き蹴りの打ち込みを多く行いました。

対人稽古は3mほど間隔を開けての組手です。

実際のコンタクトはありませんので、伸び伸び技を繰り出します。

次に冒頭と違う型の打ち込みを行い、稽古終了となりました。

稽古終了後は思い思いの自主稽古です。稽古クラスの時間は1時間半ですが、私は1時間ほど稽古指導をして、残りの30分は自主稽古の時間にしています。

型の復習、サンドバッグを打ち込み、硬い砂袋の打ち込み、ウェイトトレーニング、補強、柔軟と様々です。

それぞ稽古で見つけた、自分に対する課題に取り組んでいます。

 

皆さん職務を全うし稽古に燃える!

素晴らしいです。

正に大山倍達総裁の著書。

「青春をどこまでも熱く生きよ!」です。道場生の方は是非お読み下さい。

燃えますよ!

 

余談ですが大山倍達総裁と少年部の私が一緒の写真が載っています。

皆さんお疲れ様でした。

押忍。

✏️師範杉村。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。